フィンランドのニュースにスリークロスヘルプが取り上げられました

現地NEWSにスリークロスヘルプの活動が掲載されました!

フィンランドでスリークロス教会の危機を伝えるNEWSが新しく掲載され

その中で、日本でもこの教会を救うためにスリークロスヘルプという活動が行われていること、建築家の彦根アンドレアが設立したことにも触れていただいています。

少しずつではありますが、現地でも認知度が上がってきているようです!


今回の記事のポイントは3点を解説します。


1.イマトラ教区が所属している福音ルーテル教会から、25万ユーロの支援を受けられたこと。

 この支援はとても大きく、日本円にして約3,000万円です。

 ですが、目標額にはまだまだ足りていないため、今年も支援をしていただけるよう

 イマトラ教区は福音ルーテル教会に働きかけています。


2.屋根にも大きな損傷が確認され、修繕費300〜400万ユーロの予想になってしまったこと。

  今年の冬の間にさらに大きなダメージを受け、目標金額が増えています。

 気候変動により冬の気候が変わったことで、冬を越すことはこの教会にとって

 損傷を増やす原因です。(昨年秋にはおおよそ150〜250万ユーロの修繕費の想定でした。)


3.イマトラ市が募金活動の準備を進めています。

 イベントの開催など様々な形でこの問題にコミットすることを検討しているようです。


現地メディアのURLはこちら

(原文はフィンランド語です。Google Chromeで開くことで日本語翻訳が可能です。)

More To Explore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。